妻が駐在になりまして ~主夫ブログ~

主夫(駐夫)になった自分の日々です

東南アジアの旅(パタヤ編)

【スポンサーリンク】

こんにちは、TAUです。

 

今日の朝、無事にタイ/バンコクからベトナム/ホーチミンに到着致しました!

 

 

早朝7時半出発の便だったので、かなり早起きで機内ではウトウト。

わずか1時間半のフライトでしたが、搭乗したノックエアはとても良かったので、今度レビューをシェアさせていただければと思います。

 

今日はバンコク最寄りのリゾート地である、パタヤを訪問した時の様子(天気が悪かったので主に移動方法)をご紹介させていただきます!

 

 

バンコクとパタヤの位置関係

バンコクとパタヤの位置関係はこんな感じ。

バンコクから南に150㎞、車で2~3時間の距離です。

日本からの直行便はバンコクのスワンナプーム空港、もしくはドンムアン空港に到着するので、飛行機でパタヤに直接行くことはできません。

つまり、一度バンコクを経由して向かうこととなります!

 

バンコクからパタヤへの移動方法

よって、バンコクからパタヤへの移動方法は陸路となります。

高速バス、ロットゥー(乗合バン)、タクシーが候補になるのですが、コスト的には高速バスとロットゥーが安いです。

 

高速バス:119バーツ(360円)

ロットゥー:100バーツ(300円)

タクシー:1,000~2,000バーツ(3,000円~6,000円)

 

価格はロットゥーが一番安いですが、乗り心地に難ありとのことだったので、今回私は高速バスを利用しました!(2~3時間で360円とは、、、安い)

 

高速バス乗り場

諸先輩のブログを参考に、高速バス乗り場に向かいました。

BTSのエカマイ駅(バンコク中心部のアソーク駅から3駅)の2番出口の階段を降り、階段と逆方向(戻るような形)で道路を進むと、角にセブンイレブンが見えてきます。

セブンイレブンを過ぎると、すぐに道が開けて、左手にバスターミナルが見えてきます。

ターミナルの中に入っていくと、いろいろな方面へのチケットカウンターがずらり。

行先が大きく掲示されているのでとても分かりやすい!

パタヤ行きのカウンターは一番右端にあります。

エカマイバスターミナル

カウンターには次のバスの発車時間が掲示され、空席状況を表示したモニターもあります。

窓口の係員さんに人数と、希望する座席の番号を伝えて119バーツを払えば、すぐに乗車券を発行してくれます。

乗車券はこんな感じ。

エカマイバスターミナル

乗るバスの車番、座席番号も記載されています。

チケットカウンターの裏側にこんな感じで待合所があります。

パタヤ行きの乗り場は1番!

次のバスの時間も掲示されていて、アナログな感じながらとても分かりやすいです。

エカマイバスターミナル

待合所にはお菓子や飲み物を売るお店がいくつかありますので、ここで買い物をしてバスに乗り込むような感じですね。

乗車時間になると係員さんが「ぱたや~、パタヤ~」と呼び掛けてくれるので、それに合わせて乗車すればOKです。

座席番号は、座るシートの背中に書いてあるので、ちょっとわかりにくい。。

私が乗った時も、席を間違えている人が多く混乱が起きていました笑

 

バス自体はいわゆる日本の高速バスと全く同じで、一人一人のスペースはそれなりに確保されています。

高速バスということで、最後尾にはトイレもついています。

 

パタヤに到着したら

私の時は2時間半ほどバスに揺られていると、あっさりパタヤのバスターミナルに到着です。

そこからはソンテウ(軽トラックの荷台が乗車スペースになっている乗り物)で泊るホテルまで移動しました!(約15分。放っておいてもドライバーから声かけてきます笑)

代金は50バーツ(100円)で一律のようです。

 

こんな感じで合計500円もかからずに、150㎞を移動できます!

日本の物価から考えると、とても安いですね。

バスに乗ったりソンテウに乗ったりと、ハードルが高いかなと思っていたのですがそんなことはなく、ちょっとした冒険気分で行くことが出来ました!

 

肝心のパタヤは雨がずっと降っていて、ビーチには大して出られず、マーケットをうろうろするくらいしか出来なかったのですが、この移動を楽しむことが出来ました!

帰りもこのルートの逆をたどって、バンコクに戻りました。

 

もし皆さんがパタヤに行かれることがあれば、参考にしていただければ幸いです。

それでは!